鼻下脱毛の注意点

5oa6jmzo.png鼻下脱毛を受けるとき、気をつけたいのはニキビと日焼けです。これらは他の部位を脱毛するときも注意するべきことですが、鼻の下に施術を受ける場合は、特に気を配る必要があります。
まず、鼻の下というのは肌トラブルが起きやすい箇所です。ホルモンの影響を受けやすいので、疲労やストレスで肌の調子が崩れやすいのです。皮膚が薄いため外部からの刺激がトラブルに結びつきやすいというのも理由です。
しかし、肌にニキビやその他の湿疹、傷などがあると、脱毛は受けられません。こうしたトラブルは肌の炎症をともないますが、脱毛の施術は肌に熱を加えるため、悪化するリスクがあるのです。
脱毛用のレーザーは色の濃いものに反応するため、日焼けしてしまうと肌にも熱が加わってしまい、火傷になることがあるというのは、知っていると思います。
濃くはっきりした毛の部位であれば、少しの日焼けは大丈夫だったりしますが、鼻下の場合ははっきりとした毛ではなく、細い産毛です。そのため少しでも日焼けをすると、肌と毛の色のコントラストがほとんどなくなってしまい、施術がやりづらくなってしまいます。火傷を避けるために出力を落とさなければならず、完了までに時間がかかります。
施術を受けている期間は日焼け止めをしっかり塗り、紫外線を防ぐようにしてください。施術のあとも、紫外線の影響を受けやすくなっているため、対策を忘れてはいけません。

このブログ記事について

このページは、Hiragawaが2014年4月12日 00:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外車アウディの評判」です。

次のブログ記事は「背中にニキビがある人は、脱毛できる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7